休学

【実体験】大学休学のメリットとデメリット8選!休学中のコツも紹介

 

「今のまま就職してもやりたいこともないし、休学して何か経験してみようかな…」

「休学したいけど、いざするとなると不安…」

こんにちは!大学4年生から1年間休学したすわちゃんです。

大学を休学するのって不安ですよね。

特に、就職に不利になってデメリットの方が多いんじゃないか…と心配な方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際に僕が休学をしてみた結果、休学はデメリットどころかメリットだと感じることの方が多かったです!

そこでこの記事では、僕の実体験をもとに感じた休学のメリットとデメリットを紹介します!

これから休学を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

1.休学のメリット5選

まずは休学のメリットを5つご紹介します。

正直、僕は休学をして本当に良かったと感じています。

休学を検討している方はぜひ参考にしてみてください!

(1)色々なことに挑戦する時間ができる

休学期間は時間がたっぷりとできるため、本当に色々なことに挑戦できます。

学生フリーランスとして活動した僕の休学中の体験は以下の通りです。

  • 西日本縦断ヒッチハイク
  • フィリピンに一人旅
  • 未経験からWebサイト制作/Webデザインを始め、計8個のサイトを作る
  • Webライティングを始める
  • 3ヶ月のインターン
  • Webサイト制作の講師

 

このように1年間という期間で色々なことに挑戦することができました!(改めて見ると自分でもビックリ…笑)

休学期間は本当に自分で行動を決められる自由な時間です。

その時間を何もしないで過ごすこともできますが、スキルの習得や留学など色々なことに挑戦できるので、挑戦したいことがある人にとって休学は本当におすすめです!

まだ休学中に何をしようか決まっていない人は、休学中におすすめのやるべきことをまとめたので、ぜひこちらも見てみてください。

(2)やりたいことが明確化する

休学中に色々なことに挑戦すると、やりたいことが明確化する可能性が高いです。

実は、僕は休学する前は本当にやりたいことがありませんでした。

しかし、休学中に色々なことに挑戦し、色々な人に出会った結果「Webマーケティングを学びたい!」と考えるようになったのです。

そして、Webマーケティングを学ぶために就活をして、ありがたいことに第一志望の企業から内定をいただくことができました。

また、休学中に出会った休学生たちも以下のようにやりたいことが明確になったようです。

  • 旅がしたくて休学 →  動画を学び、旅の魅力を伝える動画制作チーム結成
  • 就職したくなくて休学 →  Webライティングを学び、新卒フリーランスとして活動予定
  • 就活を失敗して休学 →  インターンでスキルを得て、翌年の就活で内定7つ

 

このように、休学をして色々な体験をするとやりたいことが明確になってきます。

もし今、「これをやりたい!」ということがなくても、休学期間に自分をしっかりと見つめなおせばきっとやりたいことが見つかるはずですよ!

(3)学校では出会えないような人と繋がれる

休学をして学校以外のコミュニティに顔を出すようになると、色々な人と出会い価値観も変わっていきます。

例えば僕は以下のような人々に会ってきました。

  • 企業の社長や社会人
  • 自分以外の休学している学生
  • 脱サラをしてブログで500万円稼ぐ社長
  • 岡山県の山奥でコミュニティを作って暮らす若者
  • 早稲田卒で野村證券に就職したけど、大工をやっているフリーランス

 

どうですか?後半は変な人ばかりですよね。

しかし、このような人に出会ったからこそ自分の視野が広がり、色々な生き方があることを知ることができました。

ぜひ色々なコミュニティに顔を出してみるのをおすすめします。

(4)就活で有利になる可能性がある

休学は就活に不利だと思われがちですが、しっかりと行動すればむしろ有利になる場合があります。

僕は1年間休学をして就活をしましたが、かなり有利になったなと思うことが多かったです。

その理由は、特別な経験をした結果他の学生と差別化できるエピソードが増えたり、しっかりと根拠のある志望動機が言えるようになったりして面接官の印象に残りやすくなったためです。

また、意外かもしれませんが「休学は今は珍しくないでしょ?」と人事の方に言われたこともあり、思ったよりも休学にマイナスなイメージを持っている人はそんなに多くないように感じました。

もちろん、休学中の中身が空っぽだとマイナスイメージになってしまうので、自分なりに筋道を立てて行動することは必須です。

(5)大学生の期間を延ばせる

大学生という身分は意外にも得するポイントが多くあるため、大学生期間を伸ばせるのはメリットになり得ます。

例えば、以下のようなことでメリットを感じました。

  • 社長や偉い人と会いやすかった
  • 珍しがられて、イベントなどで色々な人と繋がれた
  • 仕事をもらえた

このように、「学生なのに頑張っている!すごい!」という評価がされやすく、色々な機会を得られる可能性が上がります。

「学生なのに〜」という評価に違和感がある人もいるかもしれませんが、利用できるものは利用しておくとチャンスが舞い込んできますよ!

2.休学のデメリット3選

休学のメリットを紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。

ここからは休学することで生じてしまうデメリットを3つ紹介します!

(1)卒業や就職が遅れる

当たり前ですが、休学をした分だけ卒業や就職は遅れてしまいます。

そのため、自分の卒業式の時は自分の同期がいなかったり、就職した際に同期が年下になる、ということも考えられます。

しかし、同期の卒業式に参加すれば写真や飲み会など思い出を作ることはできますし、社会に出たら年下が上司なんてことも当たり前なので、個人的にはそこまでデメリットにはならないと感じています。

(2)何もしないと就活で不利になる可能性がある

先ほど就活に有利になると紹介しましたが、もちろん何もしなければ就活に不利になります。

僕や休学した友達で就活をした人の共通点として、「行動を続けた」というのがあります。

これは最初から「1年間これをやり続けよう!」と決めたわけではありませんが、新しい経験や新しいスキルの習得などを1年間とにかく続けていきました。

そうした行動の結果やりたいことが見つかり、就活で筋道の立った志望動機やエピソードを伝えることができたからこそ、休学が有利なものになりました。

もし休学をして就活をするつもりなら、大きなことじゃなくてもいいので何か行動を起こしましょう!

(3)奨学金を休止する必要がある

原則として、大学を休学する際には奨学金の受け取りの休止が必要です。

そのため、生活費のほとんどを奨学金に依存していた場合、生活が苦しくなってしまう可能性があります。

しかし、生活を安定させるためにアルバイトをしたり、節約をしすぎてしまうとせっかくの休学期間を有意義に過ごすことができないなんてことも…。

また、奨学金の種類によって休止期間や休学中の扱いが変わってくる場合もあります。

もし奨学金を借りている場合には、奨学金の休止のルールや、休学中のプランなどをしっかりと検討することが大切です。

3.休学中の過ごし方のコツ3選

ここまで休学のメリットやデメリットについて解説してきました。

では実際に休学中はどのように過ごせばいいのでしょうか?

ここからは休学中のおすすめの過ごし方を紹介します!

(1)無理に目標を定める必要はない

もちろん、休学前からしっかりとした目標があるに越したことはありませんが、ない場合は休学前から無理に目標を設定する必要はありません。

というのも、僕が休学をした理由は簡単にいうと「就職したいと思えなかったから」です。

こんな理由で休学している人に最初から高い目標があるはずがありません。笑

しかし、休学をして自分を見つめ直したり、色々なことに挑戦したりした結果、満足のいく休学期間を過ごすことができました。

また、休学していると「何かしなきゃ!」と焦って自ずと行動できますし、その時々で目標を立てることができます

そのため、「特にやりたいことがないけどこのまま学校に通っていてもなあ…」という人は、休学中に色々なことを経験してその中で目標を見つけて行動するのがおすすめです。

(2)やりたいことリストを作ってみる

「そうはいってもどうやってやることを決めていくの?」と思った人もいるかもしれませんが、そんな人はやりたいことリストを作ってみましょう!

やりたいことリストとは、「お金や時間が自由に使えるならば、今したいこと」を50~100個ほど挙げたリストのことです。(上の写真は実際に僕が書いたリストです)

紙にペンで書きなぐってもいいし、メモ帳アプリでも構いません。

とにかく小さなことから、大きなこと、または今学びたいことまでとにかく挙げていきましょう。

その中で自分の中で優先順位をつけて、どれを実行していくかを決めていくのがおすすめです。

(3)とにかく行動する

やりたいことが決まっている人も、まだ決まっていない人も休学をするのならとにかく行動しましょう。

休学は行動すれば自分の可能性を広げてくれますが、行動しなければ何も生まれずにただただ時間とお金を無駄にしてしまうだけです。

行動している中で辛いと感じることは多々あります。

しかし、「今は修行期間だ!」と考えて行動し続ければ何かその先のヒントが見えてきますよ。

4.休学を良いものにするかどうかは自分次第!

休学をすることはメリットもデメリットもあります。

しかし、休学を良いものにすることは意外と簡単で、【行動するかどうか】です。

休学してやりたいことが決まっている人はそのままそれを探求しましょう。

もしまだ決まっていない人は、紹介したやり方でとりあえずの目標を決めて行動の中で考えていきましょう。

休学期間をぜひ有意義なものにしてください!

 

ABOUT ME
アバター
suwaoki0629
大学4年生で1年間休学。その間、Webサイト制作/Webライティングを中心として学生フリーランスとして活動し、Webサイト制作の講師も務める。復学し、就活をしてWebマーケティング会社に就職。